FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルワークする方にアドバイス

こんばんわ、kakaです。


これから、掛け持ち、ダブルワークしようと思う方にアドバイスがあります。

まず、軸になる仕事を探してから、そこの仕事場に慣れてきてから、次の仕事を探すことをオススメします。


軸になる仕事の時間外、希望時間以外の出勤やミーティング、企業活動があるかなど把握して、確実に空いてるいる時間から次の仕事を選んだ方がベストです。

これは、面接だけでわからないので注意してください。


いきなり、2つの仕事をするのは、正直きついです。

単純に覚えることが二倍ですし、体力的にも負担が大きいです。

やれる人は、やれると思いますが^^


大体1ヶ月ぐらいは軸の仕事に専念すれば慣れてくるし、その辺も把握できると思います。

職種や個人差にもよりますが^^


もう1つの仕事は、確実に空いている時間に仕事ができる環境の仕事場を探して面接を受けまくることですね(^_^;)


仕事の探し方などは、過去に述べているので参照してください。(仕事のカテゴリから)

これから頑張ろうって方に少しでも役にたてれば嬉しく思います(^o^;)
スポンサーサイト

タウンワークなどの求人を見る時の注意

こんばんわ、kakaです。

今日は、タウンワークなどので、仕事を探す時の注意です。


初めての職種など、仕事の内容がわからいですよね。


正直実際に、働いてみないとわかりません。


しかし、よく目にするのが


簡単軽作業とかカンタン、ラクラクなどよく書かれていますが(派遣の仕事によく書かれてます)


勘違いしてはいけません。


仕事に楽なことなどありません。


未経験の職なら特にそうです。


一見簡単そうに見える仕事でも、やってみると以外に難しく、コツをつかむまで結構時間がかかります。


そして単純作業の恐ろしいとこは、慣れてきたころにあります。


同じ場所で、同じ作業、飽きてしまい苦なってきます。


ですので、楽な仕事などないとゆうことです。


そして、高時給になってくるほど、仕事のしんどさ、難易度が上がってきます。


高時給で、よく求人をだしている、企業はだいたい


仕事がハード、もしくは、職場環境がよくない(人間関係が悪い)などの理由があります。


仕事選びの参考になると、うれしいです^^

交通費の活用

ダブルワークしようと思っている方(じゃなくてもいいけど)仕事選びにするにあたって、勤務地から探す方法があります。


というのは、普段よく遊びに行く地域などで、仕事を探せば、遊びに使う交通費が減らせます。


注意点として、交通費一部支給とか、出勤日数しか支給してくれない場合があります。


こうゆう場合、定期などを買うと損する場合あるので、交通費全額支給してくれる所がいいですね。


あと、規定の距離数に達していないと、支給できない所もあるので、こればっかりは、面接でしかわからないですね。


多少勤務地が遠くても、待遇がよければ、普段いきなれている土地などで、通勤が苦にならないです。


時間があれば買い物もでき便利だと思います。


タウンワークネットなどで「地域」と「交通費支給」で探せば早くていいと思うよ(^_^;)


タウンワークネットの活用方法は、過去に述べているので見てください(^o^;)

休日の過ごし方

休日は身体のケア、趣味のスロットなどに時間を使っています。

やはりWワークなので、普段の睡眠時間も、削られ、身体にかなり負担をかけているので、休みに限らず空いた時間に、マッサージに行ったりします。

スロットの場合は、1日ガッツリ打ちたいので、月2回は、そのために両方の仕事を休みにして、打ちにいっています。

割と、遊び打ちはしないほうです(^_^)

収支表もちゃんとつけて頑張ってやっております^^
ちなみに2月は+15万ほどです。引きがよくラッキーです(笑)
スロット稼働日記も書いていこうと思います。

あとは、本を読んだり、今自分に必要な知識などを学ぶ時間を作ったりしてます。

後々色々紹介できたらと思います。

では今からつかの間の就寝に入ります(-_-)zz

面接

面接

今回は面接について述べたいと思います。

まず、面接パターンとしてあるのが、

面接官が1人の時と 2人の時 あるいは3人があります。

逆に面接を受ける側が複数の集団面接があります。

あとちょっとハードルが高い、一次面接や二次面接などもあります。一流企業なら、書類選考からあり
当たり前ですね。

一般求人に載る、面接ならほぼほぼハードルが低く、一対一対の面接が多いでしょう。面接官が増えるほど質問も増え、面接官にあたえる印象も、よくも悪くも大きいと考えた方がいいです。

個人的には面接官が1人の方が気楽でやりやすいです^^

まずよく聞かれるのが、職歴でますね。

なぜ退職したのか、できるだけ悪い印象をあたえず、自分が歩んできた、人生を流れるように、わかりやすく話していくといいです。

流れるようにとは、複数の会社に在籍したことがあるのなら、1社目の退職理由を述べたあとに、{そして] で言葉を繋ぎ、2社目、入社した動機、退職理由、また そして で繋ぎ 3社目も入社した動機、退職理由を述べたあとに、今面接を受けている、企業の志望動機を述べれば、面接もスムーズに進み、よい印象をあたえるでしょう。

とゆってもなかなか面接慣れしていないと、考えてることの、半分も言えなかったりも、するので難しいと思います。

僕のように職を転々してる方なら、結構なれているかもしれませんね。なので場数を踏むしかないですね。

ですので職歴を伝えるのが、難しいと思う方

派遣などに登録したことあるなら、派遣社員として、色々な(工場でのライン作業とか色々言えます)
所で働いてきました。でオッケーです。

派遣なら順をおって話さなくても簡潔に述べれるので楽ですね。

嘘はいけませんが、ちょっとでも携わったのなら、嘘にならないのでいけるでしょう^^

履歴書に記入する際も、職歴が多いのなら、派遣会社ひとつで複数を誤魔化しても、問題ないです。

勤めてもない、会社名は使うと経歴詐称になるので、一応辞めた方がいいと思います、希に本当に履歴書に記載した会社で働いていたか在籍確認をする会社があるので注意しましょう。
派遣社員なら辞めた理由も、期間満了とか、ゆっておけば、大丈夫です。

あまり正直に言い過ぎても、いい印象を持ってもらえないことがあるので、臨機応変に答える必要があります。

面接官も、意外にそんなところは見ていなくて、表情や、ちゃんとした受け答えができるかをチャックしてたりもします。

そして、一番大事で、よく質問されるのは、なぜ数多くのある求人から、内の会社を選びましたか?
その会社への、志望動機を質問してくるパターンですね。

この質問は、面接の中でも一番大事で、ほぼこの答えによって採用か、不採用か決まってきます。
慣れれば、この質問に答えた後の、面接官の反応で採用か不採用わかります。

ちょっと押しが弱かったかな?とか、これは反応が良かったから絶対採用だとか。

面接官の表情もよく、見ていけば、色々わかることもあります。

パーカーフェイスで全くわからない時もあります^^、

中には、こんな人が面接官してていいのかって思うような人もいましたね。


ホントに、帰りたくなるほど、ダメだしと説教たれる面接官いましたね。
勘弁してよっ感じで、当然不採用でした。

ちょっと長くなってきたので面接のポイントは

まず初めの挨拶と声のトーン(大きすぎるのも駄目です)

初めの挨拶で、その人の見た目、印象が決まります。

職種によっては、この時点で不採用になってしまう場合があります。(特に接客業は)

次に志望動機ですね、これはしっかり考えて、はっきり答えてください。

最後は自己アピールですね。結構苦手な方多いと思いますが、単純な内容でも元気よく、笑顔で、アピールすれば、問題ないです。

志望動機と重ねてゆっちゃうのもいいですね。


細かくゆえば、まだまだありますが。このポイントだけでも、しっかりできていれば、大抵は大丈夫かと思います。


ちょっとでも参考になると嬉しく思います。
ご意見があればよろしくお願いします。

プロフィール

kaka

Author:kaka
はじめましてkakaです。
ある目標に向かって、ダブルワークしています。
仕事の探し方、考え方など紹介してます。
副業で、スロットもやってます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

^^ランキング参加中^^

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking